会社名・組織 : スノウチ、三菱電機
方式・名称  : e―F@ctory

IoT 製造業に関する記事

溶接副資材の工場で、全ての機器をネットに接続し、生産や在庫状況を見える化した。

溶接用副資材の製造販売を手掛けるスノウチ(本社=千葉県浦安市、馬場誠一郎社長)は今年度から稼働した生産管理システムが軌道に乗っている。三菱電機がFA分野で推進する「e―F@ctoryアライアンス」のパートナー企業各社との連携も図り、同システムの導入計画を練った。自社工場のIoT化を推進し、生産性や納期対応、トレーサビリティーの向上を実現。納入までのリードタイムが従来比で5%減、仕掛品・在庫量が8%減を見込むなど、生産体制の効率化を加速している。

(引用元) https://www.japanmetal.com/news-t2019071889591.html

URL : https://www.japanmetal.com/news-t2019071889591.html

  • 業種分類
  • 製造業
  • 製品分類
  • 各種システム
  • サービス分類
  • 本業の効率化、機能・売上アップ
  • 対応地域
  • 千葉
  • 出典
  • 日本経済新聞
    2019.8.24
  • 日付
  • 2019年1月稼働開始
  • リリース日
  • 2019/09/01
通信分類1