会社名・組織 : KDDI、アヤラ
方式・名称  : エッジAI

IoT データ処理 分析に関する記事

AI を動かすには大きな計算リソースが必要になるため、多くの場合クラウド上で行われているが、通信の時間がかかり、また通信環境に左右されるため、現場デバイス(エッジデバイス)上でAIを動かすことが求められてる。アヤラは精度はほぼそのままにAIを1/4~1/16にまで圧縮・演算量を削減することができる技術を開発した。

URL : https://www.araya.org/archives/31451

  • 業種分類
  • 農業、林業 建設業 製造業 インフラ(電気・ガス・熱供給・水道業) 運輸
  • 製品分類
  • エッジ
  • サービス分類
  • システムインテグレータ
  • 対応地域
  • 東京
  • 出典
  • 日経産業新聞
    2019.8.15
  • リリース日
  • 2019/08/01
通信分類9_2