会社名・組織 : 日本郵船
方式・名称  : 船舶IoT

IoT クラウド・サーバに関する記事

船舶パフォーマンスマネジメントシステム「SIMS」、船内作業を効率化「M0」、航海計画の最適化・立案の効率化「船舶運航支援装置J-Marine NeCST」、乗組員の負担を軽減「きらりNINJA」、音を活用した状態診断ツール「Kirari MUSE」、安全な操船を支援「i.Master」、タンク内の液面を正確かつ簡易に計測「Honesty」、船の状況を随時把握「SIMS+LiVE」、複雑化する貨物の動きを一元管理「ICOターミナル」により国交省プロジェクト「i-Shipping」に参画した。

URL : https://www.nyk.com/csr/technology/example/

  • 業種分類
  • 運輸
  • 製品分類
  • 各種システム
  • サービス分類
  • システムインテグレータ
  • 対応地域
  • 東京
  • 出典
  • 日経産業新聞
    2019.7.18
  • リリース日
  • 2019/07/01
通信分類3