会社名・組織 : 日本ハム、インターファーム、NTTデータ
方式・名称  : スマート養豚プロジェクト

IoT クラウド・サーバに関する記事

豚舎へカメラや温湿度などの環境センサを設置し、豚の飼育状況をリアルタイムで把握し、収集したデータを基にして、子豚の健康や母豚の交配可否などをAIで判別する。例えば、一頭一頭のエサを食べる量や雄豚と接触した際の反応、人が触れた時の行動の変化等により母豚の発情兆候をAIで画像判定する。

URL : https://www.nipponham.co.jp/news/2018/20181219_02/

  • 業種分類
  • 農業、林業
  • 製品分類
  • 各種システム
  • サービス分類
  • 本業の効率化、機能・売上アップ
  • 対応地域
  • 東京
  • 出典
  • 日本経済新聞
    2019.6.13
  • 日付
  • 2018年12月開始
  • リリース日
  • 2019/07/01
通信分類4